出羽の冨士 社長紹介

その1

〜 鮎 釣 り 〜

平成11年9月6日(日)晴天


 鮎釣りを始めたわが社の社長。
 鮎釣りサークル「はなぐり会」に入会させて頂きました。
 そして今日は「はなぐり会」のお楽しみ会。
 本日の成果は・・・・・・このページの最後に書いておきました。



* 「はなぐり会」について
   「はなぐり」とは、おとりの鮎が逃げないように
   鮎の鼻に通す小さい輪のことを言います。
   簡単に言えば鼻輪のことです。


 国道108号線から眺める子吉川は雄大です。

 流れは緩やかに見えますが、流れはきついと言う話です。



 * 訂正があります。
   国道180号線となっていましたが「国道108号線」の誤りでした。
   教えていただき、大変有り難うございました。

 ベテラン鮎釣り師たち。

 社長の背中。  これから釣るのかな・・・?
 ・・・と思っていたら上がってきてしまいました。
 これが我が社の社長です。

 なかなか決まっているでしょう、この格好!

 鮎釣りを初めてからなんだか若々しくなりました。

 鮎釣りをしている殿方の脇で鮎を調理する御婦人方。

 ちなみに、右側の軍手をしている人が社長の奥さまです。

 炭の近くって結構熱いのよねえ。
 う〜ん、いい香り。

 この大きい鮎、おいしそうでしょ。

 「はなぐり会」のみなさんです。

 いつもお世話になっております。

 まだ川の中にいる方もおられますが、

 「はい、チーズ!」

 さて、お腹も空いたし、みなさんで

 「いただきま〜す。」



 ちなみに今回の社長の成績は “1匹 ” でした。
 水の量が多かった、と言う話です。
 初心者にしては上出来、上出来?



次ページへ進む方は【すすむ】をクリックして下さい。



ご指導・ご感想はこちらへ
E-Mail