出羽の冨士 社長紹介

その2

〜 蜂の子捕り 〜

平成11年10月4日(月)夜


約8年前、会社にできた蜂の巣を捕って以来、蜂の子に夢中です。
今日は日新館にあるスズメバチの巣を捕りに行ってきました。

* 日新館とは矢島町公民館です。


スズメバチの巣。

この縞々は木の皮を噛み砕いて粘液で固めて造られているらしいです。

芸術的で観たらびっくりしますよ。

蜂の巣は何層かになっているので、丁寧にはがしていきます。

よく見てください。

蜂の子がビッシリ!!!

う〜〜っ。ちょっと寒気が。

一匹、一匹、つまんで取り出していきます。
大型の蜂だけあって、幼虫も丸々と太っていますね。

黒いのはサナギです。

このサナギたちが一番美味しいのだそうですが、

なんだか刺されそう。

危険な成虫はお酒につけて、後で一杯。

一年くらい置いておくと、蜂蜜の味がするお酒になるそうです。

数日後に飲んでみると、さすがに蜂蜜の味はしませんでしたが

少し口当たりが良くなっていました。



この度は蜂の子を酒蒸にしました。
長野などではよく召し上がるようですが、ここら辺では食べません。
とても珍しいです。
栗や蟹みたい、とかハチミツの味がするとか言いますが本当かな?






ご指導・ご感想はこちらへ
E-Mail